meg+art

megとartと気まぐれ
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | スポンサードリンク

「ジュリアン・オピー」展

水戸芸術館現代美術センターにて開催中の、「ジュリアン・オピー展」に行ってきました。

ジュリアン・オピー展チラシ

私の地元、水戸にある水戸芸術館。

正直地元にいるときはそのすごさを知りませんでした。

大学を機に東京に来て、

現代美術に特に入れ込んでから、

「こんな美術館が水戸にあるんだー」

と驚いたことを覚えています。

今でこそ金沢とか、青森とか、

地方に公立の現代美術中心の美術館が出来ていますが、

水戸芸術館はそのもっと前からあるのです。

(調べてみたら1990年に開館していました)

まだまだマイナーな美術館ですが、

是非もっといろんな方に愛されて欲しいな、と思います。


水戸芸術館での展覧会で一番印象に残っているのが、「人間の未来へ―ダークサイドからの逃走」展です。

「人間の未来へ―ダークサイドからの逃走」展チラシ

これについて書くととても長くなってしまうと思います。

なので詳細や感想について書くのは、次回にしたいと思います。


で、ジュリアン・オピー展です。

ジュリアン・オピーの名前は知りませんでしたが、

表参道ヒルズでのオープニングのときにいろいろな媒体で見たあのヴィジュアル、

多くの人はよく覚えているのではないでしょうか。

あまり多くのものが描かれていないからか、

ものすごく「現代」っぽさがあります。

今回、初めて彼の作品を一度にたくさん見て、とても不思議な気分になりました。

オピー1

人に白い目で見られているような。

オピーの描く「表情のない人の顔」がとても不気味なものに思えたのです。

で、後半のデジタルな作品。

同じシリーズが中庭にもあり、これはほのぼのしてみることが出来ました。

中庭では子供たちにも大人気。

そして最後の浮世絵シリーズなどの風景をモティーフにした作品が。

オピー2

日本各地を訪ねて制作したそうです。

BGMもついていてとても和む作品。

なんだかとても懐かしいような雰囲気を持っていて、

外国の方がこの作品を作ったと考えるととてもうれしくなりました。

知らなかったのですが国立近代美術館もこのシリーズを所蔵しているとのこと。

今度探しに行こうと思います。

最新の技術とアートを融合したオピー。

UK-JAPAN2008公認イベントだそうです。
10月5日まで開催中なので、是非。巡回はしないそうです。

最後に・・・
カタログがすごい高値でした。(¥15,750です!)
現代アートではしばしばありがちなことですが、、、

meg

exhibition | 00:57 | comments(4) | trackbacks(2) | meg

スポンサーサイト

- | 00:57 | - | - | スポンサードリンク
COMMENT
こんばんは。

TBありがとうございました!
今月土曜日に開催される
講演会全て聞きたいのですが
水戸は遠いです。
Tak | 2008/09/04 11:39 PM
Takさん

こんばんは。

コメントありがとうございます。
とても面白そうな講演会ですよね!
確かに少し距離を感じますが・・・
カタログも購入できなかったのでオピーについてもっと知りたい気持ちがすごく強くあります。
meg | 2008/09/05 12:15 AM
はじめまして。拙ブログへのコメントをありがとうございました。

ヌード風な人物の作品はとても刺激的でしたが、
動く風景画はどこかのんびり見られる作品でしたね。
その対比もまた面白いなと思いました。

>国立近代美術館もこのシリーズを所蔵

点数は多くありませんが、おすすめです。是非!
はろるど | 2008/09/10 9:28 PM
はろるどさん

コメントありがとうございます。

対比、確かにそうですね!

同じ「動く」でもその「静」と「動」ですね。

とても面白い作家さんです。
meg | 2008/09/14 4:34 AM
POST A COMMENT









TRACKBACK URL
http://megplusart.jugem.jp/trackback/4
TRACKBACK
大人の遠足、第二弾です。 美術ブロガーの皆さんと一緒に水戸まで行ってきました。 参加メンバーはTakさん&奥様、memeさん、mizdesignさん、pandaさん、ogawamaさん、はろるどさん。 いや〜、これだけの人数で行くと楽しいですね〜。 開催中のジュリアン・オピー
水戸芸術館現代美術ギャラリーで開催中の 「ジュリアン・オピー」展に行って来ました。 単純に記号化しただけの作品ではないことこの展覧会に行くと分かります。 「スカートとトップを着て歩くスザンヌ」2005年 はるばる水戸まで出かける価値のある展覧
「ジュリアン・オピー」展 | 弐代目・青い日記帳  | 2008/09/04 11:38 PM
<< 「アート・スコープ 2007/2008」展 | TOP | スマスマとアートとコールドプレイ >>