meg+art

megとartと気まぐれ
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | スポンサードリンク

「ジョン・エヴァレット・ミレイ」展

 Bunkamuraザ・ミュージアムにて開催中の「ジョン・エヴァレット・ミレイ」展へ行ってきました。

チラシ

UK-JAPAN 2008公認イベントになっているミレイ展。

すごくすごく楽しみでした!

8月から始まっていたのに、先日やっと行くことができました。

といいつつも、閉館50分前に駆け込んだので後半は駆け足で鑑賞・・・

まぁ、今回は「下見」ということで。会期中にあと2回は行きたいです。今月26日までですが。


ミレイは、私にとってとても思い入れのある画家です。

「オフィーリア」を観るのはこれで2回目。

前回は2年前にロンドンのテート・ブリテンで観ました。

このときは本当にこの作品の前から離れることができませんでした。

目の前のソファにずっと座って観ていたのを覚えています。

でも、今回の個展では「いい意味で」裏切られました。

ミレイの10歳のときの作品から、初めて観る風景画まで。

「オフィーリア」以外にも好きな作品がたくさんありました。

特に印象に残っているのがこの3点。

《救助》
救助


《「月、まさにのぼりぬ、されどいまだ夜ならず」―バイロンの詩より》
月、まさにのぼりぬ、されどいまだ夜ならず


《露にぬれたハリエニシダ》
露にぬれたハリエニシダ

この3点にすべてに共通にしているのは「光」の描写。再現力。

とくに「救助」の炎の光の再現はすばらしいです。

これは実物を観ないとわからないと思います。是非、展覧会へ足を運んで本物を堪能してください。


本当に、ミレイのよさが堪能できるすばらしい展覧会です。

私は会期中にまた観に行きます!

meg
exhibition | 23:25 | comments(0) | trackbacks(7) | meg

スポンサーサイト

- | 23:25 | - | - | スポンサードリンク
COMMENT
POST A COMMENT









TRACKBACK URL
http://megplusart.jugem.jp/trackback/16
TRACKBACK
10/26までBunkamura ザ・ミュージアムで開催中の、 「ジョン・エヴァレット・ミレイ展」に行ってきた。
ジョン・エヴァレット・ミレイ展 | Blue Bleu Blu | 2008/10/08 8:58 AM
渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開催されている「ジョン・エヴァレット・ミレイ展」を観てきました。チラシにも図録の表紙にも「オフィーリア」が載っています。なんと言っても、今回の展覧会の「目玉作品」です。いや、こういう絵は、なんとなく女々しくて、僕は好
東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催されている「ジョン・エヴァレット・ミレイ展」に行ってきました。 [[attached(1,center)]] 【私とミレイ】 ジョン・エヴァレット・ミレイ(1829〜96)は、英国ヴィクトリア朝絵画の巨匠です。 ミレイといえば、代表
ジョン・エヴァレット・ミレイ展 | 美術館は楽しい | 2008/10/09 1:03 AM
渋谷Bunkamuraで開催中のミレイ展に行ってきました。
ジョン・エヴァレット・ミレイ展 | 英国日記 | 2008/10/10 12:06 AM
先日、Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中の 「ジョン・エヴァレット・ミレイ展」を観てきました。 ちなみに2回目。 金曜の夜間開館の時に行ったので、 比較的ゆったりと見れました 《両親の家のキリスト》は圧巻でした そして、やっぱり《オフィー
ジョン・エヴァレット・ミレイ展 | Art Life Diary | 2008/10/10 8:59 PM
Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中の 英国ヴィクトリア朝絵画の巨匠「 ジョン・エヴァレット・ミレイ展」プレスプレビュー及び内覧会にお邪魔して来ました。 掲載している写真は主催者の許可を得て撮影したものです。 数あるUK-JAPAN 2008公認イベントの中
「ジョン・エヴァレット・ミレイ展」 | 弐代目・青い日記帳  | 2008/10/11 1:49 PM
ミレイ=オフィーリア=ラファエル前派という図式が頭に残っていた。だから国立西洋美術館にある「あひるの子」(今回のミレイ展に展示されている。)を見るたびにラフェエル前派の作品だとばかり思っており、またそんなことを他人に解説したこともあったのだが、大きな間
ジョン・エヴァレット・ミレイ展 Bunkamura | つまずく石も縁の端くれ | 2008/10/12 9:13 AM
<< オラファー・エリアソンの新作 | TOP | 「パリ・ドアノー ロベール・ドアノー写真展」 >>