meg+art

megとartと気まぐれ
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | スポンサードリンク

「ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静なる詩情」展

 東京国立西洋美術館にて本日まで開催されていた、「ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情」展へ行ってきました。
ちらし

またまた、最終日に滑り込むように行ってきました。

展覧会が始まるたびに「今度こそ会期のはじめに行こう」と思うのですが、

ショートケーキの上のイチゴは最後までとっておく性格なので・・・

行く前に、色々な方のブログでこの展覧会が絶賛されているのを見ていました。

でも、会場に足を運ぶまで勘違いしていました。

ハンマースホイは、フェルメールの頃のオランダのような、

「室内に過ごす人々の日常を描いている画家」であると思っていました。

この考えは間違ってはいません。

ハンマースホイは実際に17世紀のオランダの画家たちの影響を受けているようです。

出品作品には、フェルメールの作品に着想を得たかのような作品もありました。

そういった意味では、オランダの黄金時代の画家たちの作品が好きな方はハンマースホイの作品も気に入るのではないでしょうか。

しかし、それだけではないのです。

構図の作り方こそ似ているかもしれませんが、ハンマースホイの作品には「物語性の喪失」「生命感の喪失」が見られます。

彼はこのような世界観を作り出すために、あらゆることをしていますが、特に印象に残ったのは以下の3点です。

・人物から「表情」「視線」「血色」を奪う

・できるだけ家具を排除し、「生活感」をなくす

・色数をできるだけ減らす


グレーがかった画面、いつもの決まったモデル、室内、という点で考えると、現在Bunkamuraで展覧会が開かれているワイエスとも共通点があるようにも思えます。

しかし、ワイエスの絵画には物語がありましたが、ハンマースホイの絵画からは物語を読み取るすべがありません。

妻イーダを正面から描いた作品が数点ありましたが、わざと「病気であるかのように」「死人であるかのように」気味悪く、醜く描いています。

別室にイーダの兄ピーダ・イルステズによるイーダの肖像画が展示してありましたが、

イーダはとてもきれいで可憐な女性に描かれていました。

愛する妻を描くときですら、自分の世界観を貫き通したハンマースホイ。

彼にとっての「美しさ」は、私たちのそれとはだいぶ違っていたのかもしれません。

また、彼は自分の住む家を何度も何度も描いていました。

同じ部屋を、同じアングルから描いた作品がいくつもありましたが、

光の筋や家具の配置を微妙に変えてあり、とても興味深いものがありました。

今回の展覧会はテーマ別の構成になってたのもとてもよかったです。

最後に、出品されていた中で「おぉっ」と思ったのがイギリスの風景画です。

イギリスのけだるい空気の描写がまさにどんぴしゃ!

とても懐かしい気持ちになれました。


meg
exhibition | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | meg

日本の新進作家展 vol.7 「オン・ユア・ボディ」展

東京都写真美術館で明日まで開催中の日本の新進作家展 vol.7 「オン・ユア・ボディ」展へ行ってきました。
チラシ

またまた会期前に滑り込むように行ってきました。

この展覧会のことを知ったのがつい最近だったのですが、他の方のブログなどを拝見させていただいたところ賛否両論のようですね。

私はというと、前半の二人、高橋ジュンコ澤田知子の作品はあまり好きではありませんでした。

たまたまだと思うのですが、この企画展「オン・ユア・ボディ」の出品作家はみな女性です。

女性アーティストによる、「女性」がメインの作品。そして展覧会のテーマは「身体」

現代社会に対して少しアイロニカルな視点をもって制作されているのはわかるのですが、

「女性」である自分もこれらに対してアイロニカルな視線を送ってしまっていました。

それがこのお二人の「狙い」であるのなら、成功なのかもしれませんが。

で、この展覧会で印象に残ったのは、志賀理江子横溝静朝海陽子の3人の作品。

志賀理江子の作品は薄気味悪くて、でも目が惹きつけられてしまう、不思議な雰囲気を持っています。

しがりえこ
《ガーデン2》 シリーズ〈リリー〉より 2005

この作品は見た瞬間にゴヤ《魔女の飛翔》を思い起こしました。

goya
ゴヤ 《魔女の飛翔》 1797−98

人が輪になって飛んでいる部分が似ているというのももちろんありますが、

「薄気味悪さ」という部分も似ているな、と思いました。

色彩感覚、着眼点などが日本人離れしている方です。今後注目していきたいなと思います。

他にも色々と思うところはあったのですが、眠いので今日はこの辺で。


meg


exhibition | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | meg

「モーリス・ルイス 秘密の色相」展

 川村記念美術館にて、本日まで開催していた「モーリス・ルイス 秘密の色相」展へ行ってきました。

チラシ

遠いなー、いつ行こうかなー、と考えてるうちに最終日が近づいてきたため、

駆け込むように行ってきました。川村記念美術館。

やっぱり遠いんです。

移動時間は往復でおそらく4時間を越えます。

でも、美術館に到着するとその疲れはどこかへ行ってしまうから不思議です。

きれいで広いお庭と、美術館の建物を見ると着てよかったとつくづく思うものです。

川村記念美術館へは、リニューアルして初めてきました。

1階部分はほとんど変わっていません。

変わった点は、1階にロスコ・ルーム(今日は閉鎖されていた入れませんでした)、2階にニューマン・ルームができたことと、そして2階には新しくコレクション展示の部屋が2つできたことです。

特に2階のコレクション展示を見て、「川村記念美術館はこんな作品も持っているんだ」と感心しました。

フランク・ステラのコレクションがとても充実しています。

でも、それに従い企画展のスペースが小さくなってしまったように思います。

モーリス・ルイス展の出展作品はわずか15点。

もちろん1点1点が大きいというのもありますが、ルイスについてもっと知りたい!という気持ちが大きくなっていくのに、展示が少ない。図録も売り切れ。
フラストレーションがたまりそうです。

しかし、展示の構成はとてもわかりやすいものでした。

《ヴェール》シリーズ
移行期
《アンファールド》シリーズ
《ストライプ》シリーズ

作品を上記の4つにわけ、紹介しています。

チラシの作品は《ヴェール》シリーズの作品。

4シリーズとも、薄めた水彩絵の具をまっさらのキャンパスにしみこませる「ステイニング」の手法で制作されています。

(たまたまですが、先日まで目黒区美術館で開催されていた「丸山直文展―後ろの正面」丸山直文ステイニングを用いた作品を制作していました。
ステイニングならではの柔らかな雰囲気は、どちらの画家の作品にもありました。
しかし、両者の作品の作り出す空気はどこか違いますね。とても興味深いです。)

「絵画とは、キャンバスと絵の具で構成されている」

音声ガイドでこのようなルイスの言葉が紹介されていました。この言葉はとてもシンプルで、かつ全てを言い当てている、とてもすばらしい言葉だと思いました。

私が古典絵画ではなく現代の絵画が好きである理由も、もしかしたらこの言葉で説明できるのではないかと思えました。

絵画に描かれているものが、偉大な宗教画であろうとも、幻想的な風景画であろうとも、一見意味をなさないようなポロックやロスコのような抽象画であろうとも、

「それは所詮キャンバスと絵の具なんだよ」と。

ルイスの作品の前では、その絵に含まれる意味を考えるよりも、絵の具とキャンバスで構成された2次元の世界そのものの美しさを感じてください。

「抽象絵画は難しい」という思い込みは捨ててください。

ピカソポロックがわからないという人でも楽しめると思います。

まだまだ日本ではルイスに関する書物も展覧会も少ないですが、

所蔵している美術館は日本にも結構あるようです。

もし、お目にかかる機会があれば、是非。


meg




exhibition | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | meg

「アンドリュー・ワイエス 創造への道程」展

 Bunkamuraザ・ミュージアムにて開催中の「アンドリュー・ワイエス 創造への道程」展へ行ってきました。

チラシ

ワイエスについては、今年の1月からフジテレビで放送されていた「あしたの、喜多善男」にて《クリスティーナの世界》がキー・アイテムとしてたびたび登場してきたので初めて知りました。

小西真奈美演じるヒロインがワイエスが好きという設定で、丘の上の「オルソン・ハウス」も劇中の空想シーンで登場していました。

今回の展覧会には残念ながら《クリスティーナの世界》は出品されていませんが、ワイエス作品は《クリスティーナの世界》だけを知っていた私にとって、とても新鮮でした。

展覧会の構成は

機ー画像
供.瓮ぅ鷭
掘.撻鵐轡襯凜Д縫⊇

というシンプルなもの。

ワイエスは、夏はメイン州オルソン家に滞在し、それ以外はペンシルヴェニア州の自宅にて制作活動をしていたようです。

自然や、何気ない日常生活をドラマチックに描く画家です。

この展覧会のすばらしいところの一つとして、彼の制作過程をわかりやすく展示しているという点があります。

ワイエスの制作は

鉛筆のスケッチ(あらゆる角度・構図・部分のものを制作)

構図の決定
水彩画の習作

テンペラ画

という3つの過程があります。この展覧会ではそれをきちんと観る事ができるのです。

スケッチの量にはとにかく驚きます。

スケッチでは同じ対象をまったく違う角度・構図で描いていきます。また、一つ一つの部分の詳細なスケッチも残っています。

したがって、水彩画になると習作と呼ぶにはもったいないくらいの完成度と力強さがあります。

また、彼は「何気ない日常の一コマ」を描く対象としています。

《クリスティーナの世界》も、手足の不自由なオルソン姉弟の姉クリスティーナが這いつくばって丘の上の家を目指している様子が描かれています。五体満足の私たちから見ると少し見慣れない風景ですが、彼女からすると「ごく日常のこと」なのです。

しかし、女性が這いつくばっている姿は、普通ならあまり絵画や写真になることはないでしょう。

女性の美しい瞬間とは言えないからです。私も必死で走っているところなどは誰にも見られたくはありません。

ところが、ワイエスはクリスティーナが誰の手も借りずに這いつくばって家へ戻っていく様を見て、彼女のたくましさと美しさを感じたのでしょう。そして、その行為に彼女らしさを見たのです。

「物事は単純であればあるほど、複雑さを増す」

ワイエスはこんな言葉を残しているそうです。

その言葉の通り、彼の絵はシンプルなようでありながら色々なことが込められています。

とてもお勧めの展覧会です。


meg
exhibition | 01:11 | comments(0) | trackbacks(0) | meg

「アネット・メサジェ:聖と俗の使者たち」展

 森美術館にて本日まで開催されていた
「アネット・メサジェ:聖と俗の使者たち」展へ行ってきました。

チラシ

本日で2回目。

1回目は8月に友人たちと観に行きました。

しかし、なかなか消化ができず記事にもしないまま放置していました。

今日、不運がいくつか重なり暇ができてしまったので再びメサジェの作品と対面しに六本木ヒルズへ。

森美術館はこういうときに本当に重宝する美術館です。

都会の中心にあって、夜22時まで開いていて。

学生時代にこういう都市型の美術館をちょっとだけ批判したような論文を書いたりもしましたが、

個人的には嫌いじゃありません。

「土地と文化」「作品・アーティスト支援」といったような視点から考えると確かに森美術館のようなコレクションを持とうとしない都会の美術館ははっきり言うと「ダメ」かもしれませんが、

「都心で忙しく働いている人びと」視点で考えるととても重要な美術館だと思います。

普通に暮らしているだけではアートと触れ合うことができない現在の日本では、特に。

話を戻して、アネット・メサジェ展。

先ほども話したように、前回は友人たちと来て、音声ガイドを借りずに鑑賞しました。

時にはバラバラに、時にはいろいろと話をしながら、先入観を持たずに鑑賞しました。

が、自分の中でまとまらず。

今回は、ひとりで音声ガイドを聞きながら鑑賞しました。

今回はいろいろな情報を入れながら鑑賞したということもあり、

前回気づけなかったこともたくさん発見しました。

メサジェの作品は、一見それぞれ異なった問題意識から始まっているように見えますが、

でも根幹ではひとつにつながっているような感じがします。

また、メサジェの作品を観て「美術作品」と「アート作品」の違いを実感しました。

まだ、消化できていないことはたくさんありますが、収穫の多い展覧会でした。

近いうちにまたどこかで出会えたらいいですね。アネット・メサジェ。

ストラップストラップ2

前回行ったときに、買ってしまいました。「カジノ」ストラップ。



meg

exhibition | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | meg

「Sicilia ホセ・マリア・シシリア -Recent Works-」展

MUSEUM at TAMADA PROJECTS にて本日まで開催されていた、「Sicilia ホセ・マリア・シシリア -Recent Works-」展へ行ってきました。

シシリア

ブログの更新が半月も止まってしまいました。

半月の間、仕事が忙しく自分の時間を作れずにいました。

今日も、閉館間際の人の少ない時間にギャラリーに到着。

観客もいなく、後片付けがはじまりそうな雰囲気に絶えられず15分ほどで出てきてしまいましたが・・・

よかったです。この展覧会。

シシリアというアーティストはこの展覧会で初めて知りました。

日本ではまだなじみは薄いアーティストだと思いますが、

今年の夏長崎県美術館で大規模な個展を行っていたようで、これからどんどん注目されていくアーティストのひとりなのでしょうね。

不思議な雰囲気をもつ絵画で、

どのような材料でどのように制作したのか私にはまったく想像もつきませんでした。

恐怖と、癒しが共存している作品。

長崎県美術館の個展が取り寄せられるようだったので、購入することにしました。

是非今度は、都内でもっとたくさんの作品を観たいです。

原美術館とか、似合いそうですよね?

ところで、今回入場料は社会人1000円。

ギャラリーなのに?めずらしいですよね。

このなかには、リーフレット代と、NPO団体への寄付金が含まれているそうです。

面白い取り組みです。


meg

exhibition | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | meg

「大琳派展」

東京国立博物館で開催中の「大琳派展」へ行ってきました。

チラシ

混んでいると聞いていましたが、入場に時間はかかりませんでした。

ただ、会場内はもちろん混雑していました。

小さな作品は鑑賞するのも一苦労。

ただ、琳派の作品は比較的大きな襖絵が多いので、近くに行けなくても十分鑑賞できます。

日本画はあまり詳しくないのですが、印象に残っていることをいくつか。

養源院「杉戸絵」4枚。
3年前に養源院でも観ましたが、こうして展覧会会場で観ると細部までじっくりと鑑賞できる気がします。
どちらで観てもインパクト十分な作品です。

黒い「月」
背景が金色の作品が多いためか、黒や紺で描かれた「月」が何点か見受けられました。
もちろん白い月もありましたが。
しかも、満月とか半月とか三日月とかではなく、19日目くらいの中途半端な形の月が多かった気がします。

金地銀地
琳派というと金地というイメージでしたが、銀地の作品もありとても新鮮でした。

「デザイン」
「プロダクトデザイン」
という言葉を使いたくなるような作品がたくさんありました。
現在見てもかっこいいものばかりです。


琳派についてはもう少し勉強して、もう一回観に行きたいです。


meg
exhibition | 00:54 | comments(0) | trackbacks(0) | meg

「パリ・ドアノー ロベール・ドアノー写真展」

 日本橋三越本店・新館7階ギャラリーで開催中の、「パリ・ドアノー ロベール・ドアノー写真展」へ行ってきました。

main
2006年10月にパリ市庁舎で開催され、大変好評だった個展の日本巡回展だそうです。

私が初めてドアノーの作品を知ったのはテレビ東京系「美の巨人たち」です。

2005年12月3日放送「キスを巡る四つの愛の物語」特集にてコレッジョアイエツクリムトの作品とともに紹介されていました。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/picture/f_051203.htm

しかし、私が知っているドアノーの作品は実はこれだけです。

何の知識も無い状態で会場へ行きました。

まず感じたのは「人」に関心があった人だということ。

パリの有名な建築や街並みがメインではなく、あくまでパリに住む人々の日常が写真に収められていました。

同じフランスのアンリ・カルティエ=ブレッソンの写真はよく「決定的瞬間」という言葉で表されます。

ドアノーの作品も、「決定的瞬間」を収めた作品が多いです。

その中でブレッソンと違う点を挙げるとすればやはり「パリの人びとの日常」にこだわっているということ。

ドアノーの写真からはパリを愛する彼自身の人柄までもが写真からにじみ出ているようです。

ユーモアのある作品ばかりでとても和みました。

百貨店での展覧会なので規模は小さめかと思っていました。

が、200点の作品が所狭しと展示されています。ボリュームがあるしっかりとした展覧会です。

ただし、ちょっと展示の仕方が見づらかったです。工夫してあるのはわかるのですが。

また、BGMもちょっといらなかったかなー。

ですが、お勧めの展覧会です。会期は13日までなのでお早めに。

*気に入った作品が載っていなくてちょっと悲しいですが、図録もおすすめです!!


meg
exhibition | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | meg

「ジョン・エヴァレット・ミレイ」展

 Bunkamuraザ・ミュージアムにて開催中の「ジョン・エヴァレット・ミレイ」展へ行ってきました。

チラシ

UK-JAPAN 2008公認イベントになっているミレイ展。

すごくすごく楽しみでした!

8月から始まっていたのに、先日やっと行くことができました。

といいつつも、閉館50分前に駆け込んだので後半は駆け足で鑑賞・・・

まぁ、今回は「下見」ということで。会期中にあと2回は行きたいです。今月26日までですが。


ミレイは、私にとってとても思い入れのある画家です。

「オフィーリア」を観るのはこれで2回目。

前回は2年前にロンドンのテート・ブリテンで観ました。

このときは本当にこの作品の前から離れることができませんでした。

目の前のソファにずっと座って観ていたのを覚えています。

でも、今回の個展では「いい意味で」裏切られました。

ミレイの10歳のときの作品から、初めて観る風景画まで。

「オフィーリア」以外にも好きな作品がたくさんありました。

特に印象に残っているのがこの3点。

《救助》
救助


《「月、まさにのぼりぬ、されどいまだ夜ならず」―バイロンの詩より》
月、まさにのぼりぬ、されどいまだ夜ならず


《露にぬれたハリエニシダ》
露にぬれたハリエニシダ

この3点にすべてに共通にしているのは「光」の描写。再現力。

とくに「救助」の炎の光の再現はすばらしいです。

これは実物を観ないとわからないと思います。是非、展覧会へ足を運んで本物を堪能してください。


本当に、ミレイのよさが堪能できるすばらしい展覧会です。

私は会期中にまた観に行きます!

meg
exhibition | 23:25 | comments(0) | trackbacks(7) | meg

「パラレル・ワールド もうひとつの世界」展

 東京都現代美術館にて、本日まで開催されていた「パラレル・ワールド もうひとつの世界」展へ行ってきました。

パラレル・ワールド


今回もまた滑り込むように観てきました。

会場に入ったのは17時。閉館の1時間前です。

これはすごい悪い癖。治したいけど、なかなか治らない。

清澄白河、ちょっと遠いからね。駅からも歩くしね。夜間開館やってないから会社の帰りに行くっていう事もできないし・・・

でも、歩くのは実は好きです。時間に追われていない時は。

今日も歩いていて、陽の沈むのが早くなったなーとか、寒いなーとか、いろいろな自然の変化が感じられてよかったです。

で、本題の展覧会。

1・B1Fは同時開催の「スタジオジブリ・レイアウト展」で、こちらは相変わらず大人気でした。

1Fの吹き抜けを上の階から覗いてみると、特設のグッズ売り場に長蛇の列が。

「パラレル・ワールド もう一つの世界」は2・3Fでひっそりと?やっていました。

この展覧会は、フランスのアーティスト、ユーグ・レプが自らキュレーターを務めています。

出展作家は以下の通り。ユーグ・レプと彼が共感した日仏の10人のアーティストが選ばれています。

ユーグ・レプ
ミシェル・ブラジー
フランソワ・キュルレ
ロラン・フレクスナー
ダニエル・ギヨネ
ジャック・ジュリアン
マチュー・メルシエ
アラン・セシャス
内藤礼
名和晃平
曽根裕

パラレル・ワールド、といわれると何を思い浮かべますか?

私は、ぼんやりといろいろなものが浮かんできて、特にこれ!というものは出てきませんでした。

でも、それでいいみたいです。

―ただし、この展覧会は何かを証明しようとしているわけではない。むしろ、マルセル・デュシャンが言っているように、「鑑賞者が絵画をつくる」機会なんだ。僕は、自分自身の作品と他の作家たちの作品をつかって手がかりを提案する。そしてみる人それぞれが自分の物語を構築する。楽しんでください! ―ユーグ・レプ

これは、入り口で配られた"Invitation to Parallel Worlds from Hugues Reip"と書かれている紙に書いてあった言葉です。

invitation

この紙を軽く読みながら、まずは2Fを観て、さらにエスカレーターで3Fまで上がると、まず目にはいるのはチラシやポスターで使われている、ユーグ・レプ《エデン》が。

パラレル・ワールド

小さい女の子ならきっとワクワクしてしまうような、そんな作品です。

私も少し、ワクワクしました。(笑)

自分の背丈と同じくらいの花。

ユーグ・レプの作品はおそらく初めてですが、

「感覚」で楽しめるアーティストだな、とすぐに魅了されてしまいました。

最初の1室は全てユーグ・レプ。隣の廊下の映像作品2点も彼のものです。

私は映像作品ってどうしても好き嫌いが大きくて、

興味があれば最後まで観るし、無ければすぐにやめてしまう。

でも彼の作品には何か「魅力」があって、いつまでも観れそうでした。

(閉館時間が迫っていたので泣く泣く途中で切り上げましたが・・・)

ユーグ・レプの作品はどれもステキでした。

「パラレル・ワールド」を少し垣間見れたような、そんな作品たちでした。

あと気に入ったのは、ミシェル・ブラジーフランソワ・キュルレの作品。

こういうのが横浜トリエンナーレでも見たかったなーなんて思ったり。

「美術館」のような場所にわざわざ足を運ぶ理由、

私は「鑑賞」「共有」「体感」だと思っています。

なので、こういう「体感」できる作品はすごく好きです。

そういう意味でいうと、最後の名和晃平さんの剥製の作品もとても好きです。

あの空間で、あの「匂い」のなかであの作品を観る。

個人的には、用意してあったスリッパもとても興味深かったです。(笑)

全体的にとてもよい企画展でした。

ただ、映像作品の設置場所に難アリ、です・・・。

通路になる場所にばかり映像作品を置くから、

ちゃんと映像が観れないんです。ポジション争いが大変です。

せっかく大きい美術館なんだから、もっときちんとした空間で観れたらよかったのに。

ジブリ展と同時開催だから仕方がないのでしょうか・・・

でも展覧会自体はすばらしかったです。

近いうちに、またこれらのアーティストの作品が観れたらいいなぁ。


meg


P.S.
今回のカタログならぬ「コンセプト・ブック」はシルバーの表紙でとてもかっこいいです。
特別協賛にagnes bが入っているからでしょうか?
読むと指紋が付きそうで、緊張します・・・
exhibition | 23:14 | comments(0) | trackbacks(1) | meg