meg+art

megとartと気まぐれ
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | スポンサードリンク

私的アート論&映画論

最近ブログを再開して思いましたが、

ここ1年で趣味?興味のあるもの?

が結構変わったのかな、と思っています。

根幹は変わっていないと思います。ただ、それを乗せる表現媒体についてです。


というのも、去年まではとにかく「アート」、とにかく「美術館」だったわけです。

アートと一言で言ってもいろいろあるけど、映像作品はあんまり興味のないほうでした。

そんな私が最近は映画をよく観ます。

仕事が早く終わったー、とか今週末何しよー、となると、

以前は美術館の閉館時間を調べていましたが、

今では真っ先に映画の時間を調べています。

映画のいいなーと思うところは、

「あの映画よかったよ。是非観に行ったほうがいいよ。(もしくはDVD観てみなよ。)」

という会話ができることです。

美術館の展覧会は、巡回もあるとはいえ「場所」「時間」の制約がとても大きいです。

美術館て閉館時間も早いし、慣れてない人にとっては気軽に行ける場所ではないと思うんです。

その点映画は場所の制約が少なく(渋谷でも六本木でも新宿でも見れるわけです)、

時間的な制約も少ない。さらにDVDにもなるしね。

そういう意味で「共有する」ことができます。

(もちろん映画好き人口はアート好き人口よりも圧倒的に多いというのもありますが・・・)

アート作品は基本的に共有することが難しいと思っています。

私は展示空間・展示方法も大事な作品の一要素だと思っているので、

図録や画集などはあくまでも「お土産」的要素が強いと捉えています。
(つまり、それ単体では「作品を鑑賞した」とは決して言えないと思います。この点がDVDとは位置づけが違います。)

アートがもっと一般的になるには、どうやって「共有」できるかということががやはり一番大きいんでしょうね。

学生の頃は「いろいろなアーティストを紹介する場を作る」=「財団運営?ギャラリー運営?」みたいなことが目標だったりしましたが、

それに加えて「作品を共有する場」を設けるのもとても大事だと感じる今日この頃。

meg

others | 23:41 | comments(19) | trackbacks(0) | meg

マンガの巻数ってわからなくなりますよね

 最近仕事が遅くて、

さらに引越しをして通勤途中に行きつけの本屋が無くなり(泣)、

「本屋をチェックする」という習慣がめっきり減った今日この頃。

行きつけのほどよく小さめの本屋さん(←これかなり重要!)で新作コーナーを一回りして新作をチェックするのが私のスタイルだったので、

ここ最近は週末にSHIBUYA TSUTAYAに行くとマンガの新刊がたくさん発見して、


「あれ?これってもってるんだっけ?ついこの間も買ったような・・・」


という感じになってしまって困っています。

特にわかりにくいのがコナンライアーゲームのだめ

まぁちゃんと家の本棚整理しろよって話ですが・・・

いい対処法はないでしょうか。


meg
book | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) | meg

天使の恋

 「天使の恋」を観てきました。



当たり前ですが若い子が多かった。

でも、ただのケータイ小説と切り捨てたくない作品です。


援助交際とか、レイプとか、自殺とか、病とか、

ケータイ小説にお決まりのキーワードはもちろん出てきましたが、

話の骨子となる部分はみんなが共感できるんじゃないでしょうか。


私は自分自身の今の恋愛と重なる部分が結構あったので、

かなり感情移入してしまい、後半はボロボロ泣いてました。

(一緒に行った友達はケロっとしてたので、こういうのは観る人の恋愛状況が大きく反映されるのかも・・・と思ったり。)


あとはもうとにかく佐々木希がかわいい!かわいすぎる!!

そしてもう見慣れた感のある谷原章介もいい味だしてましたよ。

でもこの映画の見所は間違いなく佐々木希です。

ほとんど演技したことないそうですが、

十分感動させていただきました。

恋っていいなって、本気で思ったもん。

あと、その気持ちをストレートに表現するのって、

悪いことじゃないなと気づかされました。

(あんなにストレートに表現できるのかと聞かれればおそらくできませんが・・・)


明日佐々木希のフォトブック買いに行こうっと。


meg


movie | 01:27 | comments(0) | trackbacks(0) | meg

母なる証明

今日は今月になって初めて早く会社を出れたので、

金曜日にレディースデーを実施しているシネスイッチへ。
(なんと900円で観れます!)

気になっていたポン・ジュノ監督「母なる証明」を観てきました。

心なしか韓流ファンらしきおばさま方が多かったような・・・



純粋な感動モノだと思って観始めたので、

結末にはとても驚きました。

母親の異常性。

無垢だと思っていたわが子の視線。

ぞっとするような場面がたくさんありました。


後味は「ダンサー・イン・ザ・ダーク」や最近だと「空気人形」に近いかも。

あとこれは小説ですが「ナルダが教えてくれたこと」の読後感にも近いものがあります。

親子(ナルダ〜は親子ではありませんが)の関係性。

幼少期に教わったことが、こんなにも人の人格に影響を与えてしまうのかという恐怖。


また親(特に母親)の子供に対する異常なまでの愛情は「私の中のあなた」でも大きな題材となっていました。


考えさせられるところが非常に多く、DVDが出たらもう一度観たいなと思いました。


meg
movie | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | meg

久しぶりの。

久しぶりの更新です☆
久しぶりという言葉に対して申し訳なくなるくらい、久しぶりです。
というか、ほぼ1年ぶりではないですか!!

更新しなくなった理由は鮮明に覚えています。
自分の思いのたけを全て込めたくて、
更新の度に何時間もかけて長文(世の中もっと長文なブログはたくさんありますが・・・私にとって、ということで。)をアップしていたのですが、
2009年初更新!と思って長文をアップしようとした瞬間、
ネットの接続がおかしくなり、
全て消えてしまってやる気がなくなってしまったという次第。

また、仕事も忙しくあんまり美術展に行けなくなってしまったのも要因。
今年は本当に美術館に足を運んでいません。月に2回行けばいいほうかな?
でもその代わり(?)、映画をよくみるようになりました。
とはいっても月に3本くらいですが。

ということで、これからはもっと気楽に更新をしていこうと思います。
今まではレビュー的な記事が多く、緊張しながら(!?)更新しておりましたが、
これからはもう少しラフな感じで行こうと思います。

というわけで、どうぞよろしくお願いします。



meg
others | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | meg

「ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静なる詩情」展

 東京国立西洋美術館にて本日まで開催されていた、「ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情」展へ行ってきました。
ちらし

またまた、最終日に滑り込むように行ってきました。

展覧会が始まるたびに「今度こそ会期のはじめに行こう」と思うのですが、

ショートケーキの上のイチゴは最後までとっておく性格なので・・・

行く前に、色々な方のブログでこの展覧会が絶賛されているのを見ていました。

でも、会場に足を運ぶまで勘違いしていました。

ハンマースホイは、フェルメールの頃のオランダのような、

「室内に過ごす人々の日常を描いている画家」であると思っていました。

この考えは間違ってはいません。

ハンマースホイは実際に17世紀のオランダの画家たちの影響を受けているようです。

出品作品には、フェルメールの作品に着想を得たかのような作品もありました。

そういった意味では、オランダの黄金時代の画家たちの作品が好きな方はハンマースホイの作品も気に入るのではないでしょうか。

しかし、それだけではないのです。

構図の作り方こそ似ているかもしれませんが、ハンマースホイの作品には「物語性の喪失」「生命感の喪失」が見られます。

彼はこのような世界観を作り出すために、あらゆることをしていますが、特に印象に残ったのは以下の3点です。

・人物から「表情」「視線」「血色」を奪う

・できるだけ家具を排除し、「生活感」をなくす

・色数をできるだけ減らす


グレーがかった画面、いつもの決まったモデル、室内、という点で考えると、現在Bunkamuraで展覧会が開かれているワイエスとも共通点があるようにも思えます。

しかし、ワイエスの絵画には物語がありましたが、ハンマースホイの絵画からは物語を読み取るすべがありません。

妻イーダを正面から描いた作品が数点ありましたが、わざと「病気であるかのように」「死人であるかのように」気味悪く、醜く描いています。

別室にイーダの兄ピーダ・イルステズによるイーダの肖像画が展示してありましたが、

イーダはとてもきれいで可憐な女性に描かれていました。

愛する妻を描くときですら、自分の世界観を貫き通したハンマースホイ。

彼にとっての「美しさ」は、私たちのそれとはだいぶ違っていたのかもしれません。

また、彼は自分の住む家を何度も何度も描いていました。

同じ部屋を、同じアングルから描いた作品がいくつもありましたが、

光の筋や家具の配置を微妙に変えてあり、とても興味深いものがありました。

今回の展覧会はテーマ別の構成になってたのもとてもよかったです。

最後に、出品されていた中で「おぉっ」と思ったのがイギリスの風景画です。

イギリスのけだるい空気の描写がまさにどんぴしゃ!

とても懐かしい気持ちになれました。


meg
exhibition | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | meg

日本の新進作家展 vol.7 「オン・ユア・ボディ」展

東京都写真美術館で明日まで開催中の日本の新進作家展 vol.7 「オン・ユア・ボディ」展へ行ってきました。
チラシ

またまた会期前に滑り込むように行ってきました。

この展覧会のことを知ったのがつい最近だったのですが、他の方のブログなどを拝見させていただいたところ賛否両論のようですね。

私はというと、前半の二人、高橋ジュンコ澤田知子の作品はあまり好きではありませんでした。

たまたまだと思うのですが、この企画展「オン・ユア・ボディ」の出品作家はみな女性です。

女性アーティストによる、「女性」がメインの作品。そして展覧会のテーマは「身体」

現代社会に対して少しアイロニカルな視点をもって制作されているのはわかるのですが、

「女性」である自分もこれらに対してアイロニカルな視線を送ってしまっていました。

それがこのお二人の「狙い」であるのなら、成功なのかもしれませんが。

で、この展覧会で印象に残ったのは、志賀理江子横溝静朝海陽子の3人の作品。

志賀理江子の作品は薄気味悪くて、でも目が惹きつけられてしまう、不思議な雰囲気を持っています。

しがりえこ
《ガーデン2》 シリーズ〈リリー〉より 2005

この作品は見た瞬間にゴヤ《魔女の飛翔》を思い起こしました。

goya
ゴヤ 《魔女の飛翔》 1797−98

人が輪になって飛んでいる部分が似ているというのももちろんありますが、

「薄気味悪さ」という部分も似ているな、と思いました。

色彩感覚、着眼点などが日本人離れしている方です。今後注目していきたいなと思います。

他にも色々と思うところはあったのですが、眠いので今日はこの辺で。


meg


exhibition | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | meg

Dragon Ash / 繋がりSUNSET

Dragon Ashの約6ヶ月ぶりのシングル「繋がりSUNSET」がリリースされました。

「陽はまたのぼりくりかえす」が大好きな私にとっては、待ってましたーという感じです。

日本語のしっとりした歌詞と、Kjの歌声と、それぞれのパートが奏でるメロディ。

こういう曲でもただのバラードにしないのは、さすがです。

音と音の重なりが、曲に深みを与えていて。

ストレートな歌詞との絶妙なバランス。

ほんとにかっこいいバンドです。

カップリングの「thought and action」もマットでかっこいい曲です。

静かに激しい、Dragon Ashらしい曲だと思います。

Dragon Ashを知っている人も、知らない人も、是非。


meg

music | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0) | meg

「モーリス・ルイス 秘密の色相」展

 川村記念美術館にて、本日まで開催していた「モーリス・ルイス 秘密の色相」展へ行ってきました。

チラシ

遠いなー、いつ行こうかなー、と考えてるうちに最終日が近づいてきたため、

駆け込むように行ってきました。川村記念美術館。

やっぱり遠いんです。

移動時間は往復でおそらく4時間を越えます。

でも、美術館に到着するとその疲れはどこかへ行ってしまうから不思議です。

きれいで広いお庭と、美術館の建物を見ると着てよかったとつくづく思うものです。

川村記念美術館へは、リニューアルして初めてきました。

1階部分はほとんど変わっていません。

変わった点は、1階にロスコ・ルーム(今日は閉鎖されていた入れませんでした)、2階にニューマン・ルームができたことと、そして2階には新しくコレクション展示の部屋が2つできたことです。

特に2階のコレクション展示を見て、「川村記念美術館はこんな作品も持っているんだ」と感心しました。

フランク・ステラのコレクションがとても充実しています。

でも、それに従い企画展のスペースが小さくなってしまったように思います。

モーリス・ルイス展の出展作品はわずか15点。

もちろん1点1点が大きいというのもありますが、ルイスについてもっと知りたい!という気持ちが大きくなっていくのに、展示が少ない。図録も売り切れ。
フラストレーションがたまりそうです。

しかし、展示の構成はとてもわかりやすいものでした。

《ヴェール》シリーズ
移行期
《アンファールド》シリーズ
《ストライプ》シリーズ

作品を上記の4つにわけ、紹介しています。

チラシの作品は《ヴェール》シリーズの作品。

4シリーズとも、薄めた水彩絵の具をまっさらのキャンパスにしみこませる「ステイニング」の手法で制作されています。

(たまたまですが、先日まで目黒区美術館で開催されていた「丸山直文展―後ろの正面」丸山直文ステイニングを用いた作品を制作していました。
ステイニングならではの柔らかな雰囲気は、どちらの画家の作品にもありました。
しかし、両者の作品の作り出す空気はどこか違いますね。とても興味深いです。)

「絵画とは、キャンバスと絵の具で構成されている」

音声ガイドでこのようなルイスの言葉が紹介されていました。この言葉はとてもシンプルで、かつ全てを言い当てている、とてもすばらしい言葉だと思いました。

私が古典絵画ではなく現代の絵画が好きである理由も、もしかしたらこの言葉で説明できるのではないかと思えました。

絵画に描かれているものが、偉大な宗教画であろうとも、幻想的な風景画であろうとも、一見意味をなさないようなポロックやロスコのような抽象画であろうとも、

「それは所詮キャンバスと絵の具なんだよ」と。

ルイスの作品の前では、その絵に含まれる意味を考えるよりも、絵の具とキャンバスで構成された2次元の世界そのものの美しさを感じてください。

「抽象絵画は難しい」という思い込みは捨ててください。

ピカソポロックがわからないという人でも楽しめると思います。

まだまだ日本ではルイスに関する書物も展覧会も少ないですが、

所蔵している美術館は日本にも結構あるようです。

もし、お目にかかる機会があれば、是非。


meg




exhibition | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | meg

「アンドリュー・ワイエス 創造への道程」展

 Bunkamuraザ・ミュージアムにて開催中の「アンドリュー・ワイエス 創造への道程」展へ行ってきました。

チラシ

ワイエスについては、今年の1月からフジテレビで放送されていた「あしたの、喜多善男」にて《クリスティーナの世界》がキー・アイテムとしてたびたび登場してきたので初めて知りました。

小西真奈美演じるヒロインがワイエスが好きという設定で、丘の上の「オルソン・ハウス」も劇中の空想シーンで登場していました。

今回の展覧会には残念ながら《クリスティーナの世界》は出品されていませんが、ワイエス作品は《クリスティーナの世界》だけを知っていた私にとって、とても新鮮でした。

展覧会の構成は

機ー画像
供.瓮ぅ鷭
掘.撻鵐轡襯凜Д縫⊇

というシンプルなもの。

ワイエスは、夏はメイン州オルソン家に滞在し、それ以外はペンシルヴェニア州の自宅にて制作活動をしていたようです。

自然や、何気ない日常生活をドラマチックに描く画家です。

この展覧会のすばらしいところの一つとして、彼の制作過程をわかりやすく展示しているという点があります。

ワイエスの制作は

鉛筆のスケッチ(あらゆる角度・構図・部分のものを制作)

構図の決定
水彩画の習作

テンペラ画

という3つの過程があります。この展覧会ではそれをきちんと観る事ができるのです。

スケッチの量にはとにかく驚きます。

スケッチでは同じ対象をまったく違う角度・構図で描いていきます。また、一つ一つの部分の詳細なスケッチも残っています。

したがって、水彩画になると習作と呼ぶにはもったいないくらいの完成度と力強さがあります。

また、彼は「何気ない日常の一コマ」を描く対象としています。

《クリスティーナの世界》も、手足の不自由なオルソン姉弟の姉クリスティーナが這いつくばって丘の上の家を目指している様子が描かれています。五体満足の私たちから見ると少し見慣れない風景ですが、彼女からすると「ごく日常のこと」なのです。

しかし、女性が這いつくばっている姿は、普通ならあまり絵画や写真になることはないでしょう。

女性の美しい瞬間とは言えないからです。私も必死で走っているところなどは誰にも見られたくはありません。

ところが、ワイエスはクリスティーナが誰の手も借りずに這いつくばって家へ戻っていく様を見て、彼女のたくましさと美しさを感じたのでしょう。そして、その行為に彼女らしさを見たのです。

「物事は単純であればあるほど、複雑さを増す」

ワイエスはこんな言葉を残しているそうです。

その言葉の通り、彼の絵はシンプルなようでありながら色々なことが込められています。

とてもお勧めの展覧会です。


meg
exhibition | 01:11 | comments(0) | trackbacks(0) | meg